Apple Watchは睡眠中にこそ真価を発揮する

就寝時にはApple Watchを外して充電している方がほとんどだと思います。
しかし、それはもったいない使い方です。
なぜなら、

Apple Watchは睡眠中に装着してこそ真価を発揮する

からです。

本記事では就寝時にApple Watchを装着するメリットを紹介します。
メリットは以下の2点です。

  • 目覚まし時計として優秀
  • 睡眠を測って健康管理
関連記事

  Apple Watchを使い始めたばかりで、何を設定すれば良いか分からない 便利に使うための設定方法を知りたい この様な悩みを解決できる内容を紹介します。 本記事で紹介している内容は以下の設[…]

目覚まし時計として優秀

まずApple Watchを就寝時に着けるメリットの一つが、目覚まし時計としての活用です。
Apple Watchを装着した状態でアラームの時間を迎えると振動で通知されるので、 アラーム音でなかなか起きれない方は寝坊対策と、 家族と同室で寝ている方はアラーム音で家族を起こさないで済むメリットがあります。

スッキリ起きれる

 
腕時計の振動で本当に起きれるの?

と思うかもしれませんが、これが意外とアラーム音よりも快適に起きれます。

筆者はアラーム音ではなかなか起きれず無意識にスヌーズやアラームを解除して二度寝してしまうことがありましたが、
Apple Watchを目覚ましにして寝るようにしてから、そのような事はほとんどなくなりました。

周りの人を起こさない

同室で一緒に寝ている家族がいる場合には、アラーム音で起こしてしまうことがなくなるので、起きる時間が違う家族を起こしたくない場合にもオススメです。

また、集合住宅などで壁が薄いと隣人のアラーム音が聞こえてくることがあるかと思います。隣の音が聞こえるということはコチラの音も隣に聞こえているということなので、 Apple Watchを目覚ましとして利用すれば余計な隣人トラブルを避けられるかもしれません。

常時点灯対応モデルは睡眠モードを設定する

Apple Watchを装着して寝る際の注意点が常時点灯です。
常時点灯はApple Watch Series 5 以降で搭載されている常に時刻が表示される機能です。
バッテリーを節約するため、手首を下げている時は画面が通常よりも暗くなります。
それでも消灯している部屋では結構明るく感じるので、睡眠モードを活用して就寝時には画面が消灯するように設定することをオススメします。

  1. 手動で設定
    1. コントロールセンターから集中モードをタップ
    2. 睡眠を選択
  2. スケジュールで設定
    1. 設定から集中モードをタップ
    2. 睡眠を選択し、スケジュールとオプション
    3. 有効にする曜日と、就寝時刻と起床時刻を設定

基本的にはスケジュールを設定しておけば自動的に睡眠モードが適用になるのでスケジュールがオススメですが、
就寝時刻が不規則な場合や、いつもよりも早く就寝する場合には手動で行う必要があります。
コントロールセンターから設定できるので操作はとても簡単です。

睡眠を測る

Apple Watchを就寝時に着けるもう一つのメリットが睡眠管理です。
装着して睡眠することでヘルスケアのアプリで以下の情報を知ることができます。

  1. 睡眠時間
  2. 心拍数
  3. 呼吸数

AutoSleepがオススメ

純正アプリのヘルスケアでも睡眠の情報を得ることができますが、個人的には「AutoSleep」がオススメです。

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

Tantsissa¥610posted withアプリーチ

こちらのアプリだと、睡眠時間以だけでなく睡眠の深さも計測してくれます。
睡眠に関する情報もグラフで表示されていたり、色分けされているのでし視覚的にも把握しやすくなっています。

充電するタイミング

寝るときにApple Watchを充電している方が多いと思いますが、就寝時に装着するとなると充電する時間が別途必要になります。

オススメは入浴している間です。

Series 2以降は防水性能を搭載しているので、中にはお風呂に入るときにもApple Watchをつけている方も居るかもしれません。
しかし、入浴時にApple Watchを着ける方の方が少数派だと思うので、このタイミングで充電することをオススメします。

もしも、入浴時に通知を受け取りたいなどの理由で充電できない場合は、起床後の身支度の時間に充電をして外出する際に装着する方法でも充分に充電できると思います。